menu

TOPコラム身近に潜む危険 〜キシリトール編〜

身近に潜む危険 〜キシリトール編〜

2023/08/01

みなさん、こんにちはKurumiです。

キシリトールってとても身近にあるものですが、実はワンちゃんにとって危険であることを知っていますか?


今回は

① なぜ過剰にキシリトールを与えてはいけないのか

② 何に含まれるのか、どれくらい食べたら危険なのか

③ 食べてしまったらどうしたらいいのか

についてお話ししていきます。



① なぜ過剰にキシリトールを与えてはいけないのか



キシリトールは天然甘味料の1つで、砂糖と似たような甘さを持ちながら、砂糖と比較するとカロリーがとても少ないことが知られています。

昔は、戦争で砂糖が手に入らなくなった時に砂糖の代用品として使われていました。

現在は、虫歯を予防する効果から、ガムや多くのデンタル製品に配合されたり、血糖値の上昇を抑えることから、ダイエットや糖尿病の治療にも使われたりしています。



人を含めたほとんどの哺乳類においてキシリトール中毒が起こらないにも関わらず、犬がキシリトールを食べると、低血糖や肝障害が起こり、最悪の場合、命に関わる可能性があります。

低血糖とは、血液中にあるグルコース(糖分)が不足している状態を言います。糖分は身体が働くエネルギー源であり、特に脳で最も消費されます。そのため、重篤な低血糖に陥ると、脳は正常に働かなくなり、昏睡状態から死に至ることがあります。

特に深刻な低血糖が起こると、ふらつき、震え、元気がない、嘔吐などの症状が現れます。

肝障害が起こる理由はまだ解明されていませんが、肝臓で必要なエレルギーが枯渇し、細胞の壊死が起こるからと考えられています。








② 何に含まれるのか、どれくらい食べたら危険なのか



実は、キシリトールってガムやデンタル製品だけでなく色んな食材に含まれます。

特にいちご、ラズベリー、レタス、ほうれん草、カリフラワーなどの果物や野菜に多く含まれていることが知られています。







犬は体重1kgあたり100mg以上摂取すると中毒症状が現れると報告されています。



上記にあげた果物や野菜に含まれるキシリトールはわずかであるため、バケツ一杯食べるようなことがない限り中毒を起こすことはありません。

したがって普段の食事に混ぜたり、最近、良く見かけるようになってきたペット用ケーキに含まれるいちご等をおやつとして与える分には心配する必要はありません。

ただしあげすぎると下痢を起こすことがあるので、ほどほどにしてください。



しかし、キシリトールガムは大体1粒あたり500mgのキシリトールが含まれるため、小型犬の場合は1個でも誤って摂取すると、中毒を起こしてしまう可能性が高いです。








③ 食べてしまったらどうしたらいいのか



では愛犬がもしもキシリトールを口にしてしまったらどうすればいいのでしょうか?

まずは速やかに近隣の動物病院に連絡して診察を受けましょう。

その際に成分表示や量が記載されているパッケージを持参し、どれくらい食べてしまったのか詳細を伝えてください。

キシリトールの吸収はとても早く、低血糖の症状は早いと摂取後30分〜遅いと最大で12時間後、また肝障害は、摂取後1〜3日の間に現れると言われています。キシリトールを食べた直後の場合は、体に吸収される前に吐かせることが最善の処置になります。時間が経ってから症状が現れることもありますので、決して様子を見ずにすぐに病院に連れて行くようにしてください。







いかがでしたか?

今回はキシリトールの危険性についてお話しました。

キシリトールは多くの食品に含まれますが、特にガムは少量でも中毒を起こしますので、絶対に犬が届くような場所に置かないように気をつけてくださいね。



次回はニュージーランド編、第二弾を掲載する予定ですので、お楽しみに!




【参考文献】

1) Lisa A. Murphy, et, al. Vet Clin North Am Small Anim Pract 2018 DOI: 10.1016/j.cvsm.2018.06.004

2) Michael E Peterson, et, al. Top Companion Anim Med 2013 DOI: 10.1053/j.tcam.2013.03.008

3)Textbook of veterinary internal medicine eight edition




筆者:Kurumi(くるみ)



2020 日本大学生物資源科学部 獣医学科 卒業

2020-2022 うわまち動物病院 勤務医

2022-現在 関東圏動物病院 非常勤アドバイザー

2023-現在 ニュージーランド マッセイ大学 研修医






Other

身近に潜む危険 〜チョコレート編〜

2024/05/15

皆さんこんにちは、Kurumiです。
5月といえばゴールデンウィークですが皆様はどのように過ごされたでしょうか?春が過ぎ去り、早くも日中は暑さを感じる日が多くなりましたね。急な気温の変化に体がついていきませんが、体調を崩さないように気を付けてくださいね。

新米獣医さんの留学日記in ニュージーランド⑥

2024/04/15

Kia Ora! こんにちは、Kurumiです。
日本は桜が見頃を迎える中、ニュージーランドは秋を迎えます。山々の木々や街路樹が秋色に染まり、とても美しい風景が広がります。
日本でも食の秋、スポーツの秋とも言いますが、秋はニュージランドでも収穫期にあたり食やワインをテーマにしたイベントがたくさん開催されます。
また、国技であるラグビーのシーズンも始まりますのでラグビー観戦も楽しめます。夏の観光シーズンが落ち着いて、宿泊施設の料金もお手頃になりますので、旅行時期として最適かもしれません。

犬が食べても安全な食材 〜タケノコ編〜

2024/03/15

皆さんこんにちは、Kurumiです。
3月に入り、ようやく寒さも和らいできたでしょうか?春はもうすぐですね。
春といえば、山菜が美味しい季節です。今回はその代表格である、タケノコに注目します。
タケノコは犬が食べても安全な食材の一つです。みなさんはタケノコってどんな栄養が含まれるのか知っていますか?

新米獣医さんの留学日記in ニュージーランド⑤

Kia Ora! 皆さんこんにちはKurumiです。
日本の2月はまだまだ寒い日が続くと思いますが、ニュージーランドの2月は夏の終わりに当たり暖かい日が続きます。さて、今回はニュージーランド旅行記の後編をお送りします。
筆者は2泊3日でニュージーランドの観光名所の1つであるタウポを旅行しました。
(1日目から読みたい方はこちらをご覧ください。)

身近に潜む危険 〜アボカド編〜

2024/01/15

皆さん、こんにちはKurumiです。
2024年明けましておめでとうございます。
今年も皆様にとって幸多き一年になりますようお祈り申し上げます。

新米獣医さんの留学日記in ニュージーランド④

2023/12/15

Kia Ora! 皆さんこんにちは、Kurumiです。
日本では師走に入り、厳しい寒さが続きますが、ニュージーランドの12月は初夏に当たり、気候は穏やかで過ごしやすいです。
早いところ今年もあとわずか、来年を気持ちよく迎えたいですね。

犬が食べても安全な食材 ~ブロッコリー編~

2023/11/15

皆さんこんにちは、Kurumiです。
11月に入り、かなり寒くなってきましたね。
風邪を引かないように寒さ対策をしっかりとして暖かく過ごしてくださいね。
ワンちゃんの栄養に関係するもので過去2回と食べてはいけない食材(キシリトール編、ブドウ編)について連載しましたが今回は実はワンちゃんが食べても安全な食材としてブロッコリーを紹介しようと思います。

新米獣医さんの留学日記in ニュージーランド③

2023/10/16

Kia Ora! 皆さんこんにちはKurumiです。
まだ大学に来たばかりの頃、学生がやたら「sweet!(スィート!)」と返してくるも、全く意味がわからない時がありました。気になって聞いてみると、特に意味なんてなく、ただの返事だよと教えてくれました。

身近に潜む危険 〜ブドウ編〜

2023/09/15

皆さんこんにちはKurumiです。
9月に入り暑さが少し和らいできたでしょうか?
9月といえば夏のフルーツの1つであるブドウの最盛期を迎えます。

2023コミフのXmasケーキとおせち料理を試食しました!

2023/08/28

今年、コミフのXmasケーキとおせち料理を試食してくれたのは、社員の愛犬・チャイちゃん♪
ペキニーズとポメラニアンのミックス犬の1歳のおんなのこです。

新米獣医さんの留学日記in ニュージーランド②

2023/08/15

新米獣医さんの留学日記in ニュージーランド②
Kia Ora!こんにちはKurumiです。
ジリジリとした暑さが続いていますが、みなさんお元気ですか?
ニュージランドはなんと今は冬です!

新米獣医さんの留学日記in ニュージーランド①

2023/07/14

初めまして、獣医師のKurumi(くるみ)と申します。
この度、ありがたいことに株式会社ホットドッグのウェブサイトでコラム記事を連載することになりました。本コラム記事では私が留学していたニュージーランドの渡航記とペットの栄養に関する情報を交互に12回連載する予定です。

ホットドッグがコミュニケーションフードの「コミフ」を作りはじめた理由

2020/01/16

「コミフ」と言えば、犬と人がいっしょに食べられるケーキやデリをイメージして頂けるのではないでしょうか。 「こんな商品が欲しかった」。 「愛犬といっしょに食べることができて嬉しい」。 そんな愛犬家の声もよく耳に入るようになりました。

【Deco'sレシピ】コミフ春のハンバーグサンド

2020/02/17

お出かけにおすすめ!たった5分でできる! お手軽にできる「コミフ春のハンバーグサンド」の簡単レシピのご紹介です。

【Deco'sレシピ】コミフ春のソーセージラップ

2020/02/17

ピクニックにおすすめ!お友達ワンに渡しても喜ばれる♪ 「コミフ春のソーセージラップ」の簡単レシピのご紹介です。

ペットとの避難を考えよう。愛犬と避難するときに持っていくべきグッズをご紹介!

2020/03/11

『3.11』と呼ばれる、2011年に発生した東日本大震災。 9年という月日が流れても忘れることができず、胸を痛める方々も多いのではないでしょうか? もし、万が一おなじ規模の災害が発生した場合、あなたならどうしますか? 家族同然の愛犬を守るため、最悪の事態を考えておく必要があります。

犬がフードを食べたがらない5つの理由。改善方法もご紹介!

2020/05/06

パピーの頃は、ドライフードもよろこんで食べていたが、おとな(成犬)になってくるにつれて、フードの食いつきが悪くなってきたかな。 と感じる飼い主さんも多いのではないでしょうか?

犬は桃を食べても大丈夫。甘くておいしい桃で楽しくビタミン補給

2020/06/02

甘くてみずみずしい、桃は子どもから大人まで愛されるフルーツのひとつだと思います。 6月~7月が旬といわれる桃は、犬が食べても問題ない食材のひとつです。 桃に含まれるビタミンやカテキンは、犬にとってもうれしい効果が期待できるといわれています。

愛犬のごはんを手づくりにする5つのメリットと手づくりごはんの注意するべきポイント

2020/06/08

愛犬には、ごはんのたびに喜んでほしい。 飼い主さんは、毎食メニューが変わるのに、愛犬にはカリカリのドライフードばかりをあげる罪悪感。 そのように考える飼い主さんも多いのではないでしょうか?

梅雨の時期には要注意!犬の食中毒をどうやって防ぐ?!気を付けたい感染ルートもご紹介

2020/06/17

夏のような暑い日々がつづき、ついに関東も梅雨入りとなりました。 人の食中毒喚起はよく目にしますが、犬も食中毒になること、ご存じでしょうか?

愛犬のからだによくないかも!過剰なやりがちお世話に要注意!【お手入れ編】

2020/06/23

愛犬がかわいくて、ついつい人の子どものように何でもしてあげたくなる人は多いのではないでしょうか。 愛犬ことを第一にかんがえて、行動することは悪いことではありません。

犬はスイカを食べても大丈夫!熱中症予防に最高な食材

2020/06/30

みずみずしい食感がたのしい、スイカは夏の代表のフルーツですよね。 犬に食べさせて大丈夫か気になる方も多いのではないでしょうか。

犬は豆乳を飲んでも大丈夫。豆乳で血液サラサラなからだにしよう

2020/07/16

スーパーでもお手ごろな価格で手がのばしやすい豆乳は、大豆が主原料となっているため犬が飲んでも問題ない食材です。

犬が熱中症で死亡することも?!熱中症の症状をステージ別に徹底解説

2020/08/05

犬の熱中症には気を付けよう。 という注意喚起をどうぶつ病院やペットショップで目にする方も多いのではないでしょうか?

Deco’s Dog Cafe田園茶房の常連のわんちゃんにXmas&おせちの試食をしていただきました

2020/08/07

たくさんのごちそうが目のまえに登場し、嬉しそうな表情がとてもかわいらしいです。

Deco’s Dog Cafe田園茶房の専用HP完成のお知らせ

2020/09/18

いつもDeco’s Dog Cafe田園茶房をご愛好いただき、ありがとうございます。 Deco’s Dog Cafe田園茶房専用のHPが完成いたしました!

2022コミフのXmasケーキとおせち料理を試食しました!

2022/09/08

今年は、社員の愛犬・ペルルちゃんが、コミフのXmasケーキとおせち料理を一足お先に試食してくれました♪

試食した商品はこちらの3品です↓
コミフ   Xmasタルトセット
コミフデリ Xmasプレート
コミフデリ お正月料理

2021コミフのXmasケーキとおせち料理を試食しました!

2021/09/16

(株)ホットドッグの社員犬スーちゃんが2021年コミフXmasケーキやおせちを実食しました~!

今回試食してくれた商品はコチラ↓

・コミフやさしいスイーツ Xmasケーキ
・コミフデリ Xmasプレート
・コミフデリ お正月料理

犬はほうれん草を食べても大丈夫?

2021/01/22

冬が旬のほうれん草。お浸しや胡麻あえにすると美味しいですよね。
栄養素がたっぷり含まれているほうれん草は、愛犬も食べても大丈夫です。

ほうれん草を愛犬にあげるメリットとあげる時の注意点は?
そんな疑問にお答えします。

犬も仮病をする!?仮病をするときはどんな気持ち?

2021/01/13

のんびりとした年末年始のおやすみがおわり、あわただしい日々を過ごしている方々も多いのではないでしょうか。
自宅に家族がいることになれてしまい、突然のお留守番生活がはじまって1番困惑していると言っても過言ではないのは言葉がつうじない愛犬たち。

お正月太りがあるのは人だけじゃない?!愛犬がお正月太りをする3つの理由

2020/12/25

年末からお正月にかけては、おせち料理やお餅をはじめ、普段はなかなか食べることができない豪華なご馳走が揃い、つい食べすぎてしまうことも多いですよね。 気が付いたときには、体重が増加してしまっていた!
毎年のように後悔する食べすぎのお正月太り…

実は、お正月太りは人だけではないということ、ご存知ですか?

愛犬と紅葉狩りを楽しもう!ペット可の観光スポット8選【関東】

2022/12/04

愛犬とお出かけしやすい季節がやってきました。
秋に愛犬とお出かけする先といえば、紅葉をイメージする方も多いのではないでしょうか。

今回は、わんちゃんと一緒に紅葉を楽しめる、関東のおすすめお出かけスポットを8選ご紹介します。

【千葉のお出かけスポット】広大な土地のドッグランがたのしい、すいらんグリーンパークへ行こう

2020/11/17

少しずつ冬の訪れを感じつつある方も多いのではないでしょうか?
本格的に冬になる前に愛犬と広々としたドッグランで、思う存分走り回って今年の運動不足を解消してしまいましょう!
今回は、コミフのケーキ&デリもお取り扱いいただいている「すいらんグリーンパーク」の広いドッグランをご紹介いたします。

犬のなぜ?!おさんぽに行っても愛犬がなかなか排泄しないのはなぜ?

2022/11/10

愛犬とおさんぽをしていると、なかなかうんちをせず、悩んでいる飼い主さんも多いのではないでしょうか。
では、愛犬はうんちをガマンしておさんぽをしているのでしょうか?そんな犬たちの気持ちをご紹介したいと思います。

人にとっての健康食材の生姜!犬は生姜を食べても大丈夫?!

2020/10/27

秋冬や寒くなりはじめた頃には、ぜひ食べたい根菜の一種である生姜。
人では、漢方や薬膳鍋、薬味などで幅広く愛されていることでも有名です。
風邪予防や体を暖める効果があるから…
という理由で、こどもの頃から食べてきた人も多いのではないでしょうか。

犬の爪切りは、どれぐらいの頻度で必要?爪切りのコツも紹介

2020/10/06

みなさんは、愛犬の爪切りを自宅でしていますか?
おうち派とトリマーさんお任せ派の2パターンに分かれると思います。

自宅で愛犬の爪切りをしたいのにできない!
という人へ、今回は爪切りのちょっとしたコツと爪切りの必要性についてご紹介します。

ID @decosabou

LINEアプリで「QRコードリーダー」を起動し、上記QRコードを読み込んでください。
またはLINEアプリの検索で「decosabou」を検索してください。