COMIF コミフ

menu

COLUMN

犬がよろこぶケーキ&デリのコラム

犬はほうれん草を食べても大丈夫?

犬はほうれん草を食べても大丈夫?

冬が旬のほうれん草。お浸しや胡麻あえにすると美味しいですよね。
栄養素がたっぷり含まれているほうれん草は、愛犬も食べても大丈夫です。

ほうれん草は、どれぐらいあげても良いの?
ほうれん草にはどんな栄養素が含まれているの?
ほうれん草を愛犬にあげるメリットとあげる時の注意点は?

そんな疑問にお答えします。

愛犬にあげるメリット

栄養満点のほうれん草は、スーパーでも手に入りやすく犬におすすめしたい食材のひとつです。
ほうれん草には、ビタミンC、鉄、銅、ビタミンB12、葉酸、βカロテンが豊富に含まれていることから貧血予防としても最適の食材です。

豊富に含まれている栄養素のなかでも特にビタミンCが豊富で、皮膚の活性化や胃腸の調子を整え免疫力をあげる効果が期待できます。

にんじんにも多く含まれるβカロテンは、生活習慣病の予防や細胞の老化を防ぐ働きがあることからガン予防としてもおすすめできます。

鉄、銅、ビタミンB12は造血作用があり、貧血予防だけでなく血液サラサラにする効果も見込めることから心臓病の子やヒート中のおんなのこには特におすすめです。

シュウ酸が危ないって聞いたけど?

ほうれん草は、シュウ酸が多いからあまりよくない。
と聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

しかし、ほうれん草を毎日食べ続けるわけではありませんよね。
ほうれん草を茹でて、水洗いをすれば簡単にアク抜きをすることができます。
近年、判明したことですが、ほうれん草に含まれる微量のシュウ酸が体内に溜まって結石になるなんてことはほぼないということが分かりました。

与えても良い量(犬の体重別)

3kg…15g~20g
5kg…30g~35g
10kg…50g~60g
15kg…70g~80g
20kg…90g~100g

上記はあくまでも目安の量になります。

初めて愛犬に与える場合は、この表記の半分ぐらいをおすすめします。
食べた次の日のうんちを必ず確認してください。

期待がもてる効果

・ガン予防
・貧血予防
・免疫力アップ
・整腸効果
・疲労回復

愛犬に与える時の注意点

ほうれん草を愛犬にあげる場合は、必ずいったん茹でて水にさらしてアク抜きをする必要があります。
生の状態や茹で汁ごと与えるのはやめましょう。

ひふが弱い子は、一旦アク抜きをしてからオリーブオイルで炒めても良いと思います。
ただ、体に良いからと、与えすぎてしまってもよくありません。どんな食材でも、ほどほどが大切です。
与えすぎてしまうと、お腹が緩くなってしまうことがあります。

まとめ

「犬はほうれん草を食べても大丈夫?」はいかがでしたか?

ほうれん草は、与え方さえ気を付ければ、愛犬の食事に進んでとり入れたい栄養満点の野菜のひとつです。
ぜひ、この冬は愛犬にほうれん草をあげて健康的に過ごしましょう。

犬のケーキ屋さんのコラムトップへ