COMIF コミフ

menu

COLUMN

犬がよろこぶケーキ&デリのコラム

犬も仮病をする!?仮病をするときはどんな気持ち?

犬も仮病をする!?仮病をするときはどんな気持ち?

のんびりとした年末年始のおやすみがおわり、あわただしい日々を過ごしている方々も多いのではないでしょうか。
自宅に家族がいることになれてしまい、突然のお留守番生活がはじまって1番困惑していると言っても過言ではないのは言葉がつうじない愛犬たち。

犬は時間の感覚はあったとしても何曜日が休日などの日付感覚などはないため、お正月休みだから家族がいるということは分かりません。
今までにぎやかだった家から誰もいなくなり、お留守番の日々がつづくと、愛犬は仮病をつかうことがあります。

犬が仮病を使う?!

犬も仮病を使うことがあります。
お腹が痛いフリをしたり、足をわざと引きずって歩いてみたり、仮病を使って家族の気を引きはじめます。

仮病をすることがあるのは、2歳以降が多いと言われています。
それは、1歳前後の時にちょっとしたケガや体調不良で動物病院に行った後に飼い主さんが自分に付きっ切りになって優しくしてくれたことを覚えているからです。

また、自分のことを見てほしい、優しくしてほしいという気持ちから足を引きづったりごはんを食べたいのに食べない…
という演技をする犬もいるのです。

仮病の見極め方

実際、本当に体調が悪いことも十分にありえます。
仮病の見極め方は非常に重要です。

足を引きづっている場合

・足をよく様々な角度から観察し、四肢を触って少し引いてもいやがらないかどうかを確認
・リードなど愛犬が喜ぶものを見せて普通の反応に戻るかどうかを見る
・おやつやフードをあげるときにジャンプをする

このような様子が見られた場合は、もう少し様子を観察してみても良いでしょう。
また、お散歩に出てから足を引きづっている様子がない場合は、仮病の可能性が高いですし、逆にしんどそうにしている場合は、すぐに動物病院へ行く必要があります。

ごはんを食べない場合

ごはんを食べない場合は、すぐにフードを下げてください。
全く食べていない状態だとしても下げてしまって構いません。

その時に名残惜しそうにしていたりする場合は、一定時間あけたあとに再度あげてみてください。
すぐに食べ始めた場合は、何かフードの上に美味しいものを追加してほしい、構ってほしいという願望があるときです。

食べないときは、動物病院に電話してみましょう。
うんちやおしっこの状態を見て、動物病院に行くことになる可能性もあります。

その他の体調不良の場合

ぐったりしている、元気がない、丸くなって寝ている時間が多い、などの普段とちょっと様子が違う場合です。

下記項目をチェックしてみましょう

・歯茎の色は健康的なピンクかどうか(不健康な場合は、歯茎が白や紫になっていることがあります)
・震えなどはないか
・部屋の中の温度は暑すぎないか、寒すぎないかどうか
・家の中に嘔吐をした形跡はないかどうか
・下痢をしていないか
・くしゃみや咳などをしてはいないか
・熱はないか

これらの項目を全てチェックしてみて、食欲もあるようであれば構ってほしい気を引きたいだけの可能性もあります。
ただ、様子を一定見てもなにかおかしいと感じるようであれば、動物病院に相談してみても良いでしょう。

愛犬はひとりが嫌い

愛犬の構ってほしい気持ちも十分すぎるほど分かるという飼い主も多いと思います。
できることならば構ってあげたい、たくさん遊んであげたい、でも仕事には行かなければいけない。

愛犬は、なぜ家族が家にいるのかどうか、なぜ急にまた家に誰もいなくなってしまったのかどうかは理解できません。
愛犬のためにもお正月休み明けのおやすみの日は、たくさん遊んであげて寂しい気持ちを紛らわせてあげましょう。

まとめ

「犬も仮病をする!?仮病をするときはどんな気持ち?」はいかがでしたか?

犬の知能は、人の子どもの3~5歳前後と言われています。
ボーダーコリーなど賢い犬の場合は、小学生並みの知識もあります。

3~5歳と言えば、幼稚園生ぐらいですので丁度仮病を使いはじめたり、自分の都合の良いウソをつきはじめるようなずる賢い年ごろですよね。
愛犬も飼い主さんに構ってもらおうと必死です。

仮病をしていたからと言って、決して𠮟らないであげてください。

犬のケーキ屋さんのコラムトップへ