COMIF コミフ

menu

COLUMN

犬がよろこぶケーキ&デリのコラム

犬のなぜ?!おさんぽに行っても愛犬がなかなか排泄しないのはなぜ?

犬のなぜ?!おさんぽに行っても愛犬がなかなか排泄しないのはなぜ?

愛犬とおさんぽをしていると、なかなかうんちをせず、悩んでいる飼い主さんも多いのではないでしょうか。
では、愛犬はうんちをガマンしておさんぽをしているのでしょうか?そんな犬たちの気持ちをご紹介したいと思います。

うんちをガマンするのはなぜ?

おさんぽをしていても、愛犬がすぐにうんちをしないのは、2つの理由があると考えられています。

・うんちをすると、おさんぽが終わってしまう
・うんちをするお気に入りのポイントにイヤなにおいがついていた

うんちをすると、おさんぽが終わってしまうと考えている場合

おさんぽが大好きな犬の場合に多いケースです。
うんちをした後に「スッキリしたね、よかった」。という気持ちで、自宅の方面へ向かってはいませんか?

うんちをしたタイミングで、自宅へ向かうと愛犬はうんちをしてしまうと、楽しいおさんぽが終わってしまう。という気持ちでうんちや排泄を我慢するようになります。
結果、我慢の限界までうんちを出さない状態がクセになってしまうと、愛犬の体にもよくありませんし、便が体内に長く留まれば留まるほど便秘がちになります。
若いころは、それで健康被害が出ていなくともシニアになってくると、自分でうんちを出す腸の力も弱くなります。

愛犬がうんちをしたら沢山ほめて、すぐに自宅方面に向かうのではなく、少し長めにおさんぽをしてあげましょう。
それを続けることで、愛犬もうんちをしてもすぐ帰るわけではない、ということを学習していきます。

うんちをするお気に入りのポイントにイヤなにおいがある

コンクリートの上では、絶対にうんちをしない。
お散歩コースの中でもお気に入りのうんちポイントがある。
という犬も多いと思います。

ただ、そんなこだわりがある犬こそ1番大変です。
犬が好きなうんちポイントで、嗅ぎなれないにおいやマーキングされたてだったりすると普段とちがうことがイヤでうんちができないことがあるのです。

愛犬がこのようなタイプの場合は、思いきっておさんぽコースを変更しましょう。
毎日おさんぽコースが同じだと、刺激も少なく、おしっこをする場所やうんちをする場所も固定化されてしまいます。

家の近所のおさんぽコースを2~3ルートつくっておくと、うんちポイントが決まらずおすすめです。
また、毎日おさんぽコースをかえることで、脳の刺激にもつながりますので、認知症予防にもなると推奨されています。

排泄トレーニングをしよう

 

飼い主のかけ声で、愛犬がうんちやおしっこができるように、トレーニングをすると良いでしょう。

愛犬がうんちやおしっこをするときにあわせて、「ワンツーワンツー」などとかけ声をしてみましょう。
かけ声は、なんでもOKです。
うんちやおしっこをしたらすぐに褒めて、おやつなどのご褒美をあげても良いでしょう。
何度も繰り返し、行うことで「ワンツーワンツー」の声かけと排泄が結びつきます。

この排泄トレーニングは、盲導犬や警察犬などの使役犬もおこなっています。
ドッグカフェに入る前や、車に乗るまえ、愛犬にトイレしてほしいけど、いつものうんちポイントまで行っている時間がない!というときには役立ちます。

まとめ

「犬のなぜ?!おさんぽに行っても愛犬がなかなか排泄しないのはなぜ?」はいかがでしたか?

小型犬のチワワやトイプードル、ヨークシャテリアなどの犬種は、自宅でも排泄をしてくれる犬が多いと言われていますが、中型犬や大型犬は、排泄はおそと派の犬も多いと思います。
万が一、愛犬がケガや病気などで病院に入院することになったときや、豪雨や台風のときが大変ですし、愛犬自身もストレスを感じます。
うんちをガマンする理由を理解して、愛犬にガマンさせないようにしてあげましょう。

犬のケーキ屋さんのコラムトップへ