COMIF コミフ

menu

COLUMN

犬がよろこぶケーキ&デリのコラム

犬の爪切りは、どれぐらいの頻度で必要?爪切りのコツも紹介

犬の爪切りは、どれぐらいの頻度で必要?爪切りのコツも紹介

みなさんは、愛犬の爪切りを自宅でしていますか?
おうち派とトリマーさんお任せ派の2パターンに分かれると思います。

自宅で愛犬の爪切りをしたいのにできない!
という人へ、今回は爪切りのちょっとしたコツと爪切りの必要性についてご紹介します。

犬の爪切りの必要性。爪切りをしないとどうなるの?

愛犬の爪は、人とことなり肉球から飛びでるようにカーブした硬い爪をしています。
適切な爪のお手入れをしない状態がつづくと、様々な悪影響を及ぼすことがあります。

爪が肉球を傷つけてしまう

犬は肉球が地面につくように歩きます。
ただ、爪が伸び続けてしまうと肉球ではなく爪の先端が地面について歩くようになりますので、真っ直ぐ歩けなくなることもあります。

それだけでなく、カーブ状の爪が伸びたまま放置すると、爪はどんどん伸びつづけ肉球を傷つけてしまいます。
爪はとがっているため、肉球に刺さってしまうと炎症を引き起こし、その炎症部分が化膿(かのう)すると、立てなくなる恐れもあり非常に危険です。

爪がわれる

犬の爪には、血管と神経も通っています。
爪がわれると、血がでるだけでなく、非常に痛いおもいをすることから爪を触られることも怖くなり、トラウマにつながることが少なくありません。

飼い主自身もケガをすることがある

爪切りをせず、そのまま爪が伸びた状態にしておくと愛犬だけでなく、飼い主までケガをするおそれがあります。
愛犬とボールやおもちゃで遊ぼうとして、飼い主の腕や足に少し手を置いただけで手や足に傷ができることもあります。

愛犬の爪切りは、どれぐらいの頻度でするべき?

では、愛犬の爪切りはどれぐらいの頻度で行うべきでしょうか?

犬の個体差や生活環境はありますが、2~3週間に1度の目安で爪切りをするとよいでしょう。
フローリングの床で、爪があたりカチャカチャと音を立てて歩くようであれば、切ってあげましょう。

爪切りは無理やり行わない!ほめて爪を切るトレーニング方法

犬の種類によって、爪が人のように透明(ピンク)で爪のなかの血管がみえる犬もいれば、くろい爪で血管がまったく見えない犬もいます。

爪が透明(ピンク)の場合は、伸びたどこまで切ってよいか分かりやすいですが、くろい爪の犬種は、どこまで切ってよいか分かりません。
くろい爪の犬の場合は、爪やすりを使用することがおすすめです。

犬は、記憶力がいい動物ですので、爪切りで1度でもイヤな思いをさせてしまうと何が何でもイヤだ!と抵抗してあばれるようになってしまいます。

爪切りトレーニングの方法

爪切りをする前に愛犬が大好きなおやつを用意しましょう。
爪を1本切ったら、すぐおやつをあげてください。
ここで大事なのは、1足分ではなく、たった1本の爪をパチッと切ったら、すぐにおやつをあげるということです。
「爪をパチッと切られる行為はイヤだけど、その後すぐにおいしいものをくれた」ということを愛犬に教えてあげましょう。

それを繰り返すことで、愛犬の爪切りに対する意識がだんだんと変わっていきます。
くれぐれも爪を切りすぎないように気を付けてください。
最初のうちは、爪切りに慣れてもらうため、爪の先をほんの少し切るだけで大丈夫です。

既に爪切りが大嫌いで、爪切りグッズを見るだけで逃げてしまうという子(犬)の場合は、爪切りがイヤなものではない、もう怖いものではない、ということを覚えてもらうために爪切りを見せながらおやつを食べてもらう、愛犬がごはんを食べている最中に爪切りを犬の手に当ててみるなど、少しずつ爪切りそのものに慣れさせることが大切です。

爪切りが終わった後はたくさん褒めてあげて、かわいがってあげることで爪切りに対する苦手意識がだんだんと薄くなります。

まとめ

「犬の爪切りは、どれぐらいの頻度で必要?爪切りのコツも紹介」はいかがでしたか?
トリマーさんに愛犬の爪切りをお願いすると、おおよそ500~1,000円ほどの費用がかかります。
自宅で爪切りができれば、浮いたお金で愛犬におやつやおもちゃを買ってあげることができます。

ぜひ、愛犬のためにご自宅で爪切りトレーニングをしてみてはいかがでしょう。

犬のケーキ屋さんのコラムトップへ