COMIF コミフ

menu

COLUMN

犬がよろこぶケーキ&デリのコラム

犬が熱中症で死亡することも?!熱中症の症状をステージ別に徹底解説

犬が熱中症で死亡することも?!熱中症の症状をステージ別に徹底解説

犬の熱中症には気を付けよう。
という注意喚起をどうぶつ病院やペットショップで目にする方も多いのではないでしょうか?
年々、熱中症で命を落としている犬たちはふえています。

今回は、犬の熱中症にならないための対策と熱中症の症状をステージ別にご紹介させていただきます。

犬の熱中症とは?

 

犬は、人のように汗をかくことができません。
パンティング(舌を出してハァハァという浅く早い呼吸)をして、冷たい空気をからだの中に素早くとりいれることで、体温を下げる調節をします。

しかし、外の気温が暑くなりすぎるとパンティングをしても体温が下げられず、熱がからだのなかにこもってしまいます。
パンティングをつづけることにより、脱水症状も加わり血圧が低下すると熱中症となります。

熱中症になると、わずか3分で体内の臓器にダメージ

熱中症の症状がでる高体温の状態がつづくと、体温を調節する機能が体内の熱によって破壊されます。
たった3分で、臓器に大きなダメージが出て後遺症が残ることも少なくありません。

熱中症の症状

熱中症の症状がでるまで、愛犬なりが体温をさげようとする行動が見られることがあります。
熱い時期に愛犬の様子が少しでもおかしいと感じたときには、すぐに対応をしましょう。

初期症状

・ハァハァという浅く早い呼吸が続く(パンティング)
・体を触るとあつい
・ヨダレが飲み込めず、垂らしつづけている
・落ち着きがなく、ソワソワとしている
・横になったままハァハァとした呼吸がつづく

中期症状

・一点を見つめ、ボーとしている
・けいれん
・泡をはく
・嘔吐
・体の一部が震えはじめる
・目や口の中の粘膜が充血
・発作

末期症状

・意識がなくなる
・動かない
・歯ぐきが白い
・舌が青紫色になっている(チアノーゼ)
・ぐったりして起き上がれない
・抱き上げた瞬間、おしっこやうんちが出ることがある(意識
・吐血

中期の熱中症状がでる前に処置をしよう

中期の熱中症状が出てしまうと、体の機能が満足に働いていない状態といえるでしょう。
内臓に大きな負担がかかっているため、1分1秒を争う状況です。
初期症状の段階で、愛犬に冷たい水を飲ませる、体に水をかけるなどの対応をして、すぐに涼しい場所に移動することが重要です。

小型犬では初期症状が出てから僅か5分で末期症状になり、命を失うことも少なくありません。
また、命が助かったとしても臓器不全となり、心疾患などの後遺症が残ることもあります。

熱中症にならないために

熱中症にならないためには、日中の外出やお散歩は絶対に避けましょう。
犬は人より地面に近く、アスファルトや土の※地遮熱(ちしゃねつ)のはねかえりで人以上に暑さをかんじます。

※地面の中にこもっている熱のこと。
日が暮れたのにアスファルトを触るとじんわりと熱くかんじるのは、地遮熱(ちしゃねつ)と言われています。

また、外出時にもエアコンは犬の適温である23~24℃以下に設定することが大切です。
現在は、ペットショップなどでクールグッズも多く発売しているためひんやりグッズを利用することもおすすめします。

日中の外出は避けるべきですが、どうしても外出をする際には、冷たい水を持ち歩くとよいでしょう。
人と同様、ぬるい水は飲む気にならないけれども冷たい水はゴクゴク飲める犬は多いと筆者は聞きます。

まとめ

「犬が熱中症で死亡も?!熱中症の症状をステージ別に徹底解説【動物看護士筆跡】」は、いかがでしたか?
自分の愛犬はきっと大丈夫!なんて思ってはいけません。
実際にクーラーの故障で命を落としている犬たちがいることも事実です。
また、小型犬は熱中症を発症すると5~10分で亡くなることもあります。

今年は、猛暑ですので予防に予防をかさねて気を付けましょう。

犬のケーキ屋さんのコラムトップへ