COMIF コミフ

menu

COLUMN

犬がよろこぶケーキ&デリのコラム

梅雨の時期には要注意!犬の食中毒をどうやって防ぐ?!気を付けたい感染ルートもご紹介

梅雨の時期には要注意!犬の食中毒をどうやって防ぐ?!気を付けたい感染ルートもご紹介

夏のような暑い日々がつづき、ついに関東も梅雨入りとなりました。
人の食中毒喚起はよく目にしますが、犬も食中毒になること、ご存じでしょうか?

今回は、ジメジメとした湿気の多い梅雨のシーズンや夏に気を付けたい、犬の食中毒について、ご紹介します。

犬の食中毒

人と同様、犬と猫も食中毒に感染することがあります。
雑菌が過ごしやすい環境下は、高温多湿の梅雨の時期や真夏のムシムシとした暑さです。
そのような日々が続くと、食べ物や飲み水のなかにいるわずかな雑菌が増殖していくのです。
普段は、いっしょに食べていたとしても問題ない菌やウイルスですが、増殖し大量に体内に摂取してしまうことにより、食中毒を引き出すことがあります。

犬の食中毒の症状

・嘔吐
・下痢
・元気消失(元気がなくなる)
・発熱(犬の平熱は38~39℃)
・泡を吐く
・血便
・呼吸困難(犬に多い症状)
・けいれん

上記のような症状がひとつでも見られた場合、すぐに動物病院へ行きましょう。

犬が食中毒に感染するルート

フード

フードは、開封した瞬間に酸化がはじまります。
※酸化とは、空気とフード(食べ物)が反応することによりフードの成分が少しずつ変化していくことです。諸説あり

酸化したフードは、湿気等を吸い込むだけでなく空気中に浮遊するウイルスや雑菌が付着することもあります。
梅雨の時期は、特に湿気が多くカビが生える原因になりますので、注意が必要です。

フードを開封したら2週間で使い切ることが大切です。

手づくりごはん

手づくりごはんを愛犬に与えている人も増えつつあります。
毎食ずつごはんを作っている場合は問題ありません。
作り置きする場合は、1食分ずつを小分けにして冷凍庫保存をしましょう。

おやつポーチ

おやつポーチやタッパーは、毎日こまめに拭きとる、もしくは洗いましょう。
おやつポーチやタッパーは、密閉されているため雑菌が入ってしまうとその空間のなかで繁殖しやすい環境が整っています。
おやつポーチやタッパーを使う場合は、1日で使いきれる量のおやつを入れて、次の日に持ち越してしまった場合、おやつは破棄しましょう。

水で食中毒に感染することがあるの?!
と思われがちですが、水でも食中毒に感染します。
犬が飲んだ水入れには、犬の口の中に含まれているヨダレや毛などが混入し、雑菌が水の中で繁殖増殖することで食中毒を引き起こすことがあります。
水で食中毒をおこさないようにするためには、こまめに水を入れ替えることが大切です。

まとめ

「梅雨の時期には要注意!犬の食中毒をどうやって防ぐ?!気を付けたい感染ルートもご紹介」はいかがでしたか?
梅雨から夏にかけては、湿気が多く犬の食中毒が増える季節です。
飼い主さんが愛犬にできることを考えて、行動することが大切ですね。

Hot Dogのオンラインストアでは、コミフデリハンバーグプレートやコミフデリテリヤキチキンステーキなどおいしいお惣菜の販売をしています。
ドライフードにトッピングしても愛犬が大喜びすることまちがいない人気商品です。
スタートセットは、送料無料ですのでこの機会にぜひご注文ください♪

https://hotdogcomif.stores.jp/

犬のケーキ屋さんのコラムトップへ