COMIF コミフ

menu

COLUMN

犬がよろこぶケーキ&デリのコラム

犬がフードを食べたがらない5つの理由。改善方法もご紹介!

犬がフードを食べたがらない5つの理由。改善方法もご紹介!

パピーの頃は、ドライフードもよろこんで食べていたが、おとな(成犬)になってくるにつれて、フードの食いつきが悪くなってきたかな。
と感じる飼い主さんも多いのではないでしょうか?

愛犬がフードを食べない理由は、おおきく分けて5つあるのではないかと考えられています。
今回は、愛犬がフードを食べない5つの理由と食いつきを改善する4つの方法をご紹介させていただきます。

愛犬がフードを食べない5つの理由

1-体調不良

人と同様、体調が悪いと犬も食欲がなくなることがあります。
体調不良かどうかの見分け方は、普段のおしっこやうんちの様子を比較することはもちろん、元気がない、遊びにさそってもイヤそうにしている、水をしっかり飲んでいるかどうか、などです。
体調が悪いときは、お散歩中にもさまざまなサインが出ていることがあります。
犬は体調が悪くなったとしても自分では病院へ行けないので、飼い主が気付いてあげましょう。

また、口腔内の病気として知られている歯周病が悪化した場合も、口の中が痛い。
などの理由で食べられなくなることがあります。

2-フードに飽きた

私たちは、毎食ちがうものを食べていますが、犬は毎日同じドライフードを食べている家庭も多いのではないでしょうか。
そのため、同じものを食べ続けていると飽きて食べなくなることがあります。
また、飼い主さんが食卓からお肉やお野菜、お魚などをおすそ分けされていると、人は毎日おいしいものを食べている。と学習しフードを食べなくなることがあります。

1~2か月に1度、同じメーカー内でフードローテーションをすると良いでしょう。
フードローテーションは、アレルギー予防にも効果があると推奨されています。

3-おなかがすいていない

雨の日など天候がわるい日、おさんぽの時間が短くなったり、おさんぽに行くことをやめてしまった経験はありませんか?
基本、家の中だけでは運動量が足りなくおなかが減らないことがあります。
また、おやつをあげすぎてしまった日も同様です。

それだけでなく、春から夏への切り替わりの時期などに多いですが、急に暑くなると急激な温度変化に体がついていかず疲労し、食欲が落ちることがあります。

4-引っ越しなど環境のおおきな変化

春先に多い例ですが、人事異動にともなう引っ越しや子どもの入学等でいっしょに過ごす人の変化など、環境がおおきく変わると食欲がおちることもあります。
そのような時こそ、犬にたくさん話しかけたり、普段とは違うおやつをあげるなど、気を紛らわせてあげることをおすすめします。

5-ストレス

犬は環境変化だけでなく、さまざまなストレスを感じとる動物です。
暑い・寒いなどの変化はもちろん、家で見ているTVの音量なども気を使ってあげましょう。
また、家に家族の友人がきたり、工事などで見知らぬ人が出入りすることも犬にとってはストレスを感じます。

犬の食いつきをよくする4つの方法

犬は、匂いの刺激だけでなく、当然味覚や触感も楽しむ動物です。
そのため、飼い主さんからドライフード以外のおすそ分けをもらっている犬の方がグルメになっていると言えるでしょう。

では、犬の食いつきをよくするにはどうすればよいでしょうか?
本日からはじめられる、犬の食いつきをよくする方法です。

1-おさんぽコースを変更する

おさんぽは、いつも同じコースを歩き続けていませんか?
おさんぽコースが同じだとにおいや風景の刺激がなく、いつもと同じ光景に慣れてしまうことであまり疲れないと言われています。
普段とは違うおさんぽコースを歩き、新しいにおいや初めて会う犬とすれ違うと脳が刺激され、同じ時間をおさんぽしていたとしても犬の疲労具合が異なります。

おさんぽで疲れると、ごはんをしっかり食べるようになるでしょう。

2-フードにトッピングをする

普段のごはんに少しトッピングをしてあげると良いでしょう。
ホットドッグの商品で人気のトッピングデリは、コミフデリハンバーグプレートやコミフデリミートボールプレート、テリヤキチキンステーキです。

普段のごはんのうえにお肉のトッピングをしてあげることで、ご馳走に早変わりです。
現在、ホットドッグストアではオープン記念で、お得なスタートセット4種類を販売中です。
スタートセットの中には、大人気のハンバーグプレートやテリヤキチキンステーキも含まれていますのでぜひご購入してみてくださいね。

Hot Dog Storeはこちら

3-たくさんほめる

少しでもフードを食べようとしたらその瞬間にたくさんほめてあげることも有効です。
子どものころ、嫌いなものを食べ、両親にたくさんほめてもらった経験がある方もいると思います。
こどもと同様、犬もほめて育てることが大切です。
大好きな飼い主にほめてもらえるなら頑張ろう。
という気持ちにさせることで、張り切ってフードを食べるようになります。

4-おうちでボールあそび

おうちの中で、廊下やリビングなど愛犬が少し走り回れるスペースを空けてあげることで、飼い主に遊んでもらっている喜びとからだを動かすことの達成感が生まれます。
たくさん遊んで、眠ることで、愛犬の家で過ごす満足感が高まり、フードを食べるようになったという事例があります。

まとめ

「犬がフードを食べたがらない5つの理由。改善方法もご紹介!」はいかがでしたか?
突然、食べなくなることもあるかもしれません。
だんだんと食事の量が減るタイプの犬もいます。

1番大切なことは、愛犬がごはんを食べているときは、近くで見守っていることです。
毎日、ごはんを食べる愛犬の様子を知らなければ、愛犬のサインや異常に気が付くことができないと思います。

大切な家族だからこそ、毎日様子を観察してあげることが大切です。

Hot Dog Store
https://hotdogcomif.stores.jp/
Hot Dog HP
https://hot-dog.co.jp/

犬のケーキ屋さんのコラムトップへ