COMIF コミフ

menu

COLUMN

犬がよろこぶケーキ&デリのコラム

ペットとの避難を考えよう。愛犬と避難するときに持っていくべきグッズをご紹介!

ペットとの避難を考えよう。愛犬と避難するときに持っていくべきグッズをご紹介!

『3.11』と呼ばれる、2011年に発生した東日本大震災。
9年という月日が流れても忘れることができず、胸を痛める方々も多いのではないでしょうか?
もし、万が一おなじ規模の災害が発生した場合、あなたならどうしますか?
家族同然の愛犬を守るため、最悪の事態を考えておく必要があります。

今回は、愛犬と避難するときに必ず持っていきたい防災グッズと同行避難所と同伴避難所の違いについてご紹介いたします。

用意するべき愛犬用防災グッズ

犬といっしょに暮している人であれば、最低限用意しておくべき犬用の防災グッズです。
必需品の順番でご紹介しています。

・フード(1週間分以上)
・水
・クレート
・フードボウル2個(食事用&給水用)
・ペットシーツ
・うんち袋
・愛犬の写真
・混合ワクチン証明書
・狂犬病ワクチン証明書
・タオル
・ウェットティッシュ
・リード
・首輪又はハーネス
・おやつ
・口輪(吠えてしまう犬)
・音が出ないおもちゃ
※常備薬(持病がある犬は必須)

フードや水は、5~7日間はもつように準備をしましょう。
地震や震災時には、避難所に食べ物・水が運ばれることもありますが、ひとりひとりの配給は限りがあります。
過去、実際に発生した事例になりますが、避難所で愛犬に人の食べ物を分け与えていたところ、トラブルが発生したそうです。
ペットオーナーの視点から考えると、当然のことかもしれませんが、避難所などの共同生活になると動物が好きな人ばかりではないため、気をつけなくてはなりません。

タオルなど、少しかさばるものはあらかじめ、圧縮袋に入れておくと良いでしょう。
からだが濡れてしまった場合や、周りの見慣れる光景に興奮して吠えてしまう子など、目隠し代わりとしてクレートにタオルをかけてあげると落ち着くこともあります。
また、飼い主さんが使ったタオルをクレートのなかに入れてあげると、飼い主さんのにおいがして安心できます。

同行避難所と同伴避難所の差

同行避難所も同伴避難所も愛犬といっしょに避難することは可能です。
ただ、避難生活に大きなちがいがありますので、実際に行ってみたらイメージとちがいすぎた!愛犬にかわいそうなことをした…。
などと思うことがないように気を付けてください。

同行避難所

自然災害が発生した時、犬や猫といわれるペットとの避難が可能です。
ただ、人が過ごす避難所内に犬や猫を連れてはいることはできません。
リードで避難所の外に繋いでおく、または小さな部屋にクレートのまま避難、など飼い主さんとは常に一緒にいることができないのです。
トイレもクレートの中でしなくてはいけないことが多いため、自由におさんぽにはでられません。
同じ空間でいっしょに過ごすことができない避難所のことを同行避難所と呼びます。

同伴避難所

自然災害が発生した時、犬や猫といわれるペットとの避難が可能です。
同伴避難所は、人とおなじ空間で避難することができます。
クレートに入れた状態のままおなじ空間で避難になる場合と、リードをしていっしょに過ごす場合の2パターンがあります。
また、自由に外におさんぽにでることができます。
長時間クレートに入っている必要がないため、愛犬にとってはストレスが少ないといえるでしょう。

まとめ

「ペットとの避難を考えよう。愛犬と避難するときに持っていくべきグッズをご紹介!」はいかがでしたか?
ペットフレンドリーということばをよく耳にするようにはなりましたが、ペット先進国に比べるとまだまだだなぁと筆者は感じます。
ことばが通じない愛犬のために、万が一をかんがえて常日頃から準備をしておくことが必要です。

犬のケーキ屋さんのコラムトップへ